大阪発 債務整理の弁護士ブログ

債務整理相談後の「お客様の声」などを紹介するブログです。100件以上のお客様の声を掲載しています。事務所選びの参考にしてください。

弁護士と司法書士の違い

WEB上でも電車広告でも
司法書士による債務整理が宣伝されています。

弁護士と司法書士では何が違うのでしょうか。


債務整理のお役立ち情報です


まず,弁護士の場合,
任意整理(債権者との交渉)・自己破産・個人再生・過払い金請求訴訟のすべての手続において,
依頼者の代理人となることができます。

これに対し,司法書士の場合,
代理人として活動できる範囲が制限されてしまいます。
すなわち,司法書士には,
140万円以下の借金についての交渉権や簡易裁判所での訴訟代理権が認められるのみです。
ですから,140万円を超える場合には交渉も訴訟もできません。
140万円以下の過払い金訴訟を簡易裁判所に提起した場合でも,
判決後,引き続き代理人の立場で地方裁判所に控訴することはできません。
また,破産や個人再生の際には,
書類作成をするだけであり,依頼者の代理人にはなれません。 

このように,
弁護士と司法書士とでは,
代理人として活動できる範囲がかなり異なっていますので,
まとまった借金を整理する場合には,
弁護士に依頼する方が無難であると思われます。
もっとも,
弁護士のいない過疎地にお住まいであったり,
身近に債務整理経験のない弁護士しかいないような場合には,
経験豊富な司法書士に依頼した方がいいかもしれません。

ところで,
最近よく「法務事務所」というのを耳にします。
世間一般の方が見ると,(弁護士のいる)法律事務所と間違ってしまうのではないか思うのですが,
これは法律事務所ではありません。
法律上,法律事務所を名乗れるのは弁護士だけです。
そこで,司法書士や行政書士が
一字違いで「法務事務所」の看板を出しているようです…
一字違いですが,全然違います。

なお,行政書士は債務整理を行えませんので,ご注意ください。

債務整理のことなら若林・新井総合法律事務所


貴方のクリックでこのブログのランキングが上がります! お手数ですが,ぜひ下記バナーをクリックしてやってください。



借金返済ブログランキング

テーマ:債務整理 - ジャンル:ファイナンス

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakabalaw.blog121.fc2.com/tb.php/60-457edf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)